コマンドや用語の説明


ウル4のポイズンのコマンド表はこちら→ポイズンコマンド表

コマンドの数字表記

格闘ゲームはコマンドや用語が独特で、はじめたばかりの人には
わかりにくかったりします。
必殺技のコマンドを表すときに、慣習的に使われるものに数字表記があります。

   7 8 9
   4 5 6
   1 2 3

レバー(方向キー)の方向を、
パソコンのキーボードのテンキーに対応させ、
自分のキャラクターが左(1P側)にいる状態で表します。
5を中心として、1が左斜め下方向、
6が前方向、9が右斜め上方向というわけです。
例えば波動拳↓↘→+Pボタンの場合は
236Pとなります。

コマンド表というのは何も説明がないですが、
最後のレバー方向とボタンは同時でなければなりません。
より正確に言うなら、多少ずれていても大丈夫で、
逆にこれを利用した入力方法もあります。
また、必殺技・ウルトラコンボ・スーパーコンボでは、
ボタンを押した時だけでなく、離したときも入力を受け付けています。

さらに自分のキャラクターが右(2P側)にいる場合は
入力方向を逆にしなければいけません。
波動拳は、↓↙←+Pの入力になります。
このあたりも説明がなにもなく、はじめたばかりの人は
混乱するかもしれません。

コマンド表は、知識のある人間が見ることが前提になっていて、
昇龍拳等の表記も、最初は理解できないかもしれません。
Zのように書かれているものの入力は、
前、下、右斜め下+パンチやキックボタン(→↓↘+PorK)となります。

ただし、このゲームにおいては、
コマンド表の通りにきちんと入力しなくても、技が出ます。
実は623の、いわゆる昇龍コマンド(ポイズンで言えばキスバイゴッデスのコマンド)をより正確に言うなら
「一回目のキーは前要素、二回目は下要素、三回目は斜め下要素」
といった入力でOKなようになっています。レバー入れっぱなしではだめですけど。
前要素とは369の方向
下要素とは123の方向
斜め下要素とは36方向
すなわち323+Kや、636+Kでも技が出るようになっています。
これを簡易入力と言ったりします。
キスバイゴッデスの入力も、しゃがみ状態からそのまま、
323や2323のレバーの動きで出るので、便利ですね。

この簡易入力は、割とアバウトで大丈夫。
例えば、32123・・・とレバーの斜め下方向を往復させながら、
ボタン連打でもゴッデスは出ます。
このように、レバーをガチャガチャいわせてコマンドを入力することを、
ガチャると言ったりします。
こういった入力で出す昇龍をガチャ昇龍とも呼んだり。

コマンドの略称について

格闘ゲームの用語というのは、辞書にのっているようなものではありませんよね。
用語の定義も人によって微妙に異なっている事もあります。
また同じ事柄を表すのに、様々な人が色々な呼び方をしたため、
それが現在までも残っていたりします。
しゃがみ強キックという技を、大足、しゃがみ大キック、屈強K、2強K
といった感じで略したりします。
このサイトでは、なるべく1つの用語で統一するようにしますが、
わからない場合は、wikiの用語集などを参照してみてください。

当サイトにおける、必殺技の名前やゲーム内の用語の略称は以下となります。

近距離立ち強パンチ→近立強P、立強P
ジャンプ強キック→J強K

スラップショット(P+Kor6P+K)→前投げ、6投げ
フランケンシュタイナー(4+P+K)→後ろ投げ、4投げ
エルボードロップ(6中P)→エルボー、中段
バックフリップ(KKK)→バクフリ

ウィップオブラブ(214P)→ウィップ
エオルスエッジ(236P)→エオルス、弾
キスバイゴッデス(623K)→ゴッデス
ラブミーテンダー(214K)→テンダー
ラブストーム→ウルコン1、UC1
ポイズンキッス→ウルコン2、UC2
サンダーウィップ→スパコン

フレーム(わかりやすく言えば時間の単位)→F
セービングアタック→セビ
EXセービングからのダッシュキャンセル→セビキャン
レッドセービングアタック→赤セビ
EXレッドセービングLV1ヒットからのダッシュキャンセル→EX赤セビ

ウル4のポイズンまとめ。情報や覚え書き。