「06.オメガディカープリ」カテゴリーアーカイブ

オメガエディションのディカープリについて

オメガディカープリ


タメキャラからコマンドキャラへ変更。
一部必殺技が特殊技になったり追加技があったりと、
ウル4バージョンとかなり違います。

特殊技

通常技の遠近の区別が無くなり、
近強P等もレバー入れ技に変更になったりしている。

フォックステイル 3中K

特に変化無し。

スティールセイバー 3強K

弱スクランブルからのレイザーエッジスライサーが特殊技に変更。
いわゆるスライディング。

4中P

レバー入れで出る、キャミィの近中Pのような技。
目押しで各種弱中攻撃、立強P・屈強P・屈強K
などがつながる。またターゲットコンボに移行可能。

ターゲットコンボ 4中P>強K

ウル4と同じく、相手を空中に打ち上げて追撃も可能。
ジャンプキャンセルもかかる。
その後にウルコンは入らない。

4強P

4強Pでウル4の近強Pが出せる。
その後は弱中攻撃がつながる。

4強K

バク転しながら蹴る2ヒット技。
相手を浮かせる事ができ、スパコンやEXブラックウィドウで追撃可能。
また、浮かせ後の追撃としても使える。

ヒドゥンダイブ (前ジャンプ中)2中P

ウル4での、中強スクランブルからの中Pブレイクに似ている。
急降下し、攻撃判定は無い。

ブレイクダイブ (前ジャンプ中)2強P

ウル4での、中強スクランブルからの強Pブレイクに似ている。
相手を空中に打ち上げ、様々な追撃が可能。

シャドウニードル (前ジャンプ中)2中K

ウル4での、中・強スクランブルからのK派生(キャノンストライク)。
雷撃のように、ワンコマンドで出せるようになった。
リュウくらいの身長なら、高めでヒットさせても屈弱Pがつながる。

サイコトランザクション 弱中強P同時押し

体力ゲージを減少させ、スパコンゲージとリベンジゲージを増加させる。
ボタンを押しっぱなしで、いくらでも継続できるが、
当然体力が少ないときにやると自らKO負けとなる。

必殺技

2ゲージ技は無し。

インビジブルレイ 236P

飛び道具。弾道が見えないだけで、いきなり出現するわけではない。
普通に波動拳などで相殺される。

ウル4キャラを使ってしらべたところ、
弱 ヒット-4 ガード-8
中 ヒット-5 ガード-9
強 ヒット-6 ガード-10

画面端や、中央でも相手によっては、ヒットしても反撃をもらうことも。
セビキャンコンボも可能だが、スティングの方でいいかもしれない。
一応持続当てでコンボを伸ばせるキャラもいる。

サイコスティング  214P

214Pのコマンド技に変更。
弱中強EXとも、無敵は一切なくなり、コンボのための技に。
画面端なら弱スティング後、弱スティングやEXブラックウィドウで追撃可能。
もちろんセビキャンを絡めれば、色々可能。

EX版はジャンプキャンセル可能。
その後は空中投げで追撃できる。
また前ジャンプ2中Kで着地すれば、
対空DCM(UC2)・ノーマルやEXのサイコスティング・ノーマルやEXブラックウィドウ等で追撃可能。
ただ中央だと、ノーマルのブラックウィドウはカスあたりになってしまう。
画面端ならば、シャドウニードル着地>4強K>4強K>EXブラックウィドウまで入る。
通常技キャンセルでは、4中Pと屈強Pからでないとつながらない。

ヒドゥンクリープ 236K
ブラックウィドウ 623K

リュウの中昇龍と同時に打ち合って調べたところ、
中強EXには無敵がある様子。
弱は無敵が無いか、あっても部分無敵かきわめて短いと思われる。
ノーマル版は横方向の判定は小さめ。
EXの発生は4F以下。
サイコスティングの無敵がなくなったため、対空はこちらで。

EXのみセビキャンがかかるが、その後にウルコンは入らない。

コンボ

ブラックウィドウ締めの方が近めに落ちる。
スティング締めは遠くへ吹き飛ばす。
インビジブルレイはヒットしても隙が大きい。
1ゲージならEXサイコスティングをできれば組み込みたいが、
4中Pと屈強Pからでないと連続ヒットしない。