「6.ダッシュ・ステップ入力の注意点」カテゴリーアーカイブ

ダウン中や硬直中のダッシュやステップ(前ステ・バクステ)の入力は
通常のものと少し違った注意点があります。
他にセビステ(セービングキャンセルダッシュ)に関しても。

ダッシュ・ステップ入力の注意点


先行入力でのダッシュ

ダッシュは10F程度の先行入力がききます。
けれどダウン中や技の硬直中に
バックダッシュ(バクステ)を入力したはずなのに、何故か出ない!
そんな事はありませんか?
自分の入力表示(キーディス表示)を見ても、特に間違ったやり方を
しているわけでもない。
おかしいなぁ・・・と疑問に思った人もいると思います。
というか、自分がそうでした。

実は、ダウン中や各種硬直中に前ステ・バクステでの先行入力の場合は、
通常起き上がりの状態で出す場合とは少し違っているようです。

例えば
4N4と入力した場合バクステが出ますよね。
この時4N4からすぐしゃがみガードの方向(3方向)に入れたとしても
特に問題なく出ます。

しかしダウン中等では、この方法だと実は出ないようになっています。
4N4後にすぐに3方向にいれてしまった場合、バクステにはなりません。
また4N4後に昇龍コマンドを入力した場合、昇龍拳が優先されます。

ダウン後にきちんとリバサでバクステを出すためには、
入力した後、完全に起き上がってバクステが出るまで、
レバーを後ろ以外の方向に入れてはダメです。
これを守らないと、入力したはずなのに何故か出ないという事が起こります。
また、タイミングによっては、上方向に入れているとジャンプに化けたりします。
ダッシュでの先行入力の場合でも同じです。

例を挙げると4N4N4Nの入力ではバクステは出ます。
4N4N3としてしまうと出ません。要はそういう事です。

「最初は起き上がりにバクステこすりが強いよ」
というアドバイスはよく聞きますが、
やみくもにレバー後ろ方向を連打してすぐしゃがみガード
とやると何故か出ない!という現象が起こりえます。

きちんとリバーサルで出すためには、タイミングを見極めて(数回)入力した後、
すこししてからガード方向にレバーを入れるなりの操作をした方が良いと思います。

何故こういうシステムになっているのかわかりませんが、
リバーサル入力でダッシュが暴発しないための措置なのかもしれません。