「5.強制ダウンと受身可能ダウン」カテゴリーアーカイブ

受身をとれるダウンとそうでないダウン(強制ダウン)について

強制ダウンと受身可能ダウン


このゲームでは、相手の攻撃がヒットした時にダウン状態になるものがあります。

受身の操作(ダウン中にレバー下方向を入れるか、ボタン2つ以上同時押し)で通常より早く起き上がれるダウン。
受け身をとれず、一定時間強制的にダウンしてしまうもの(強制ダウン)。

この2種類ですね。
どの技強制ダウンで、どの技が受身可能なダウン技なのか?
答えは簡単で、ゲームのムック、攻略サイトの技解説で、
「ダウン(効果)」となっているものが強制ダウン。
「吹っ飛び効果」「浮かせ効果」となっている技が受身可能なものです。

では、自分や相手の技全てに関して、強制ダウンか受身可能か
覚えなければならないの?
と思うかもしれません。
ただ、自分がみるところ、強制ダウンであるかそうでないかは、
若干の例外があるにせよ、法則があるようです。

強制ダウンになる技とは、ダウン技のうち、

1.足元を狙う技・下段(しゃがみ強キック、いぶきの首折り等各種必殺技や派生技を含む)
2.ウルトラコンボやスーパーコンボ
3.投げ(コマンド投げや必殺技の派生投げ含む)
4.相手を地面に叩きつける技(サンダーボルト、救世主強派生、鬼の赤星地雷拳等)

おおむねこのような感じではないでしょうか。

他に強制ダウンになる技として
ダルシムのヨガブラストやダッドリーのEXショートスイングブローがあります。
また、スライディング系に見えるものの受身可能なのは、
キャミィのフーリガンコンビネーションからのレイザーエッジスライサーですね。

また、一部に地上ヒットと空中ヒットで効果が違うものがあります。

空中ヒット時に強制ダウンになるものとして
殺意の中竜爪脚・ダッドリーのダートショット(6強K)

空中ヒット時には強制ダウンから受け身可能になるものとして
セス鷹爪脚3段目

コーディーの弱ラフィアンキックもそうらしいですが検証できず。