「03.オメガ春麗」カテゴリーアーカイブ

オメガ春麗、チュンリーについての簡単なまとめ

オメガチュンリーについて


何故か唐突にOMEGAチュンリーについて。
オメガ春麗の自己調べの簡単なまとめです。
ウル4でのチュンリーは大P百裂~持続で挫折して
ろくろく使った事がないので、色々違っていたらごめんなさい。
キャラクター選択時のエディションセレクトでOMEGAを選べば使えます。

全体的な傾向

技の追加や一部削除、技のダメージや効果が見直されています。
一番の大きな違いは百裂脚。持続百裂がなくなっています。
また覇山蹴が上段技になっています。後方回転脚(春サマー)は削除。
全般的にコンボダメージはアップしました。
ただ現在の所、大P百裂のループ等の
ゲージを大幅に回収できるコンボは未発見。

Ver.1.05で近立中Pの調整があり、ウル4のバージョンと異なる性能になりました。

通常技・特殊技等

近立強K

ヒット時に垂直ジャンプや前ジャンプでキャンセルできるように。
バックジャンプは不可。
また、空中の相手にヒットで浮かせ効果がついていて、様々な技で追撃可能です。

ターゲットコンボ2:近立中P>中P

Ver.1.05からの新技。
近距離立中Pの性能が変更になり、1ヒット技に。
もう一回中Pを入力することで、連続ヒットとなり、
地上の相手は空中に浮き、追撃可能なやられ状態に。
1段目・2段目ともに必殺技等でキャンセルも可。
2段目はキャンセルで鷹翼脚・EX覇山・EX百裂・千裂脚等が連続ヒット。
画面端なら鷹爪脚も。
ウルコンも入るが、キャラ限の可能性あり。
ポイズンには中央でも気功掌がヒットする。
1段目が空中の相手にヒットした場合、浮かせ効果があり、
EX百裂などで追い打ち可能。

屈強P

ダメージ配分が70+40の計110に。
2段目はEX技やセビ、スパコンのみでキャンセル可能。

前ジャンプ強P

空中追撃効果や浮かせ効果はのこっているものの、
相手の落下速度が速くなっています。
一応下りで当てれば、着地でEX百裂等で追い打ちできたりします。

鶴旋蹴

6中K。ヒットで弱攻撃がつながるように。

龍星落

空中投げ。ウル4ディカープリのように、
空中追撃で使用できるようになっています。

発勁

オメガの追加技。遠距離で4強P。近距離で出そうとしても、
自動的に近立強Pになります。
相手の飛び道具を打ち消す効果があります。
EX技やセビ、スパコンのみでキャンセル可能。

飛燕蹴

オメガの追加技。前ジャンプ中に2弱K。ダメージ40。
攻撃判定は小さい。しゃがみめくりも可能。
ガードされた場合はほぼ反撃確定。
空中ヒットで浮かせ効果。

必殺技・スパコン・ウルコン

フレームはウル4キャラを使用して調べたものです。

気功拳

※は近強Kや屈弱P等がつながります。

  ヒット   ガード   威力  スタン
 弱    ※    -1   50
 中    -1    -6   60
  強    -10    -13   70

 

覇山蹴

上段技に。
弱中はヒットで弱攻撃やEX百裂が、強は中足までつながります。
ガードされた場合、弱-4・中-4・強-3。
EX版は立強K等のキャンセルで連続ヒットするようになっています。

スピニングバードキック

全て吹き飛びやられに。
通常版は、千裂脚で追い打ち可能。
モーション的には、最終段をキャンセルしているように見えますが、詳細は不明。
EX版は吹き飛びが小さくなり、中央で当たっても追い打ち可能です。

百裂脚

持続百裂はどうやら削除された様子。
ヒット・ガード時の状況はおそらく、
オメガの弱がウル4の強、中がウル4の弱、強がウル4の中に
なっているようです。
また、EX百裂の最終段は蹴りで高く打ち上げ、追い打ちできなくなりました。
一応セビキャンも可能なので、不可能ではないですが。

千裂脚

春麗の代名詞のスパコン。威力は400に。
ウル4ポイズンで調べた結果、発生4Fの模様。

鷹翼脚

オメガでの追加技。コマンドは236K。
弱中強の順に発生は遅くなるものの、威力が高くなっています。
弱は弱以上の攻撃、中は中以上の攻撃、強は強以上の攻撃から
キャンセルで連続ヒット。
2段目をセビキャンで弱P・立中P・近立強K等がヒット。
3段目をセビキャンで浮いた相手に、金的~天昇脚・空中投げ・UC等で追撃可能。

鳳翼扇

オメガでの追加技。鷹翼脚のEX版はこれになり、コマンドは236KK。
スーパーコンボゲージを2ブロック消費します。
最終段はジャンプキャンセルでき、様々な追撃が可能。

基本コンボ等

オメガのコンボは、ウル4でのコンボが一部流用できるようです。
リュウやヴァイパー等の限られたキャラでしか調べていませんが、
当然キャラ限コンボも存在します。

屈弱K>立弱P>遠弱P>遠強P(ダメージ186:スタン280)

オメガでは屈弱Pのダメージが25になり、立弱Pのダメージがアップしたため、
このルートの方が減ります。
立ちしゃがみともリュウに入る事を確認しましたが、おそらくキャラ限。

屈弱K>立弱P>遠弱P>弱鷹翼脚(ダメージ179:スタン245)

オメガから可能になったコンボ。
立ちしゃがみともリュウに入る事を確認。

屈弱K>屈弱P>屈中K>中鷹翼脚(ダメージ206:スタン285)

立ちしゃがみともリュウに入る事を確認。

屈弱K×3>EX百裂脚(ダメージ210:スタン259)

ウル4でもおなじみのコンボ。

近立強K(空中ヒット)>ジャンプキャンセル>龍星落

空中の相手にヒットさせ、浮いた相手に追撃。
ジャンプキャンセルせずにその場で各種追撃も可能。
近立強K(空中ヒット)>垂直J強P>UC2も入ります。

近立中P(空中ヒット)>EX百裂脚

近立中Pも空中の相手にヒットで浮かせ効果があります。
EX百裂はフルヒットしないことも。
近立中P>スピニングバードキック
といった曲芸コンボもできたり。

屈強P>中百裂>近中P>中P>強鷹翼脚(ダメージ314:スタン435)

Ver.1.05から可能になったコンボ。
中百裂から近中Pは目押し。そのままターゲットコンボまで決め、
キャンセルして強鷹翼脚を出します。
強鷹翼脚をEX覇山蹴にすれば、ダメージ368:スタン525

リュウに立ちしゃがみとも入ることを確認。

屈強P>中百裂>近中P>中百裂>遠強P(ダメージ334:スタン537)

立ちしゃがみともリュウに入る事を確認。

屈強P>中百裂>近立強P>強鷹翼脚(ダメージ328:スタン525)

立ちしゃがみともリュウに入る事を確認。
強鷹翼脚のセビキャンで、さらにダメージを伸ばすことも可能。

屈強P>中百裂>近強K>強スピニングバードキック()

リュウに確認。立ちでもしゃがみでもつながりますが、しゃがみ食らいだと若干ダメージダウン。
立強P>強スピンングバードキックはしゃがみだと入りません。

屈強P>中百裂>近中P>強百裂>EX百裂(ダメージ398:スタン540)

リュウに立ちしゃがみとも入ることを確認。
しゃがみの場合は、ダメージ384。

屈強P>中百裂>近立強P>強百裂>EX百裂(ダメージ422:スタン620)

立ちリュウに確認。しゃがみには入りません。

屈強P>中百裂>近中P>中P>気功掌(ダメージ438:スタン375)

近中PのターゲットコンボからノーゲージでUC2へ。
リュウには画面端でも入りませんが、
本田やポイズンなどには中央・画面端ともつながります。

鷹翼脚>2段目セビキャン>近立中P>中百裂~等

2段目セビキャン後、弱攻撃・近立中P・近立強Kなどが繋がります。

屈強P>中百裂>近立強P>強鷹翼脚>2段目セビキャン>近立強K>中百裂>遠立中P>中鷹翼脚(ダメージ423:スタン750)

リュウに立ちしゃがみとも入る事を確認。
1ゲージちょっと回収。

遠中P>中鷹翼脚(236中K)>最終段セビキャン>UC1

鳳扇華へのルート。ただし鳳扇華は中央ではカス当たりに。
鷹翼脚の最終段ヒット後は、相手は追撃可能な空中やられに。
追撃は他に、鷹爪脚、空中投げ、各種EX技、気功掌など。
追い打ちにゲージを使わない場合は、金的蹴>天空脚>天昇脚が一番減ります。

遠中P>鳳翼扇(236KK)>低空飛燕蹴(前ジャンプ中に2弱K)>着地UC2

鳳翼扇の最終段はジャンプキャンセルできます。
ジャンプキャンセル後最速で飛燕蹴を出し、
着地後に気功掌を出せば繋がります。
気功掌へのルートはこちらの方がいいかも。
鳳翼扇からの追いうちは他に、
低空飛燕蹴>EX覇山、鷹爪脚×3、斜めジャンプ強P・強Pなど。

屈強P>中百裂>近強P>鳳翼扇>低空飛燕蹴>気功掌(539)

立ちしゃがみともリュウに入る事を確認。
他の追い打ちとしては、
低空飛燕蹴>EX覇山締めでダメージ471
鷹爪脚×3で、ダメージ427:スタン649

強覇山蹴>発勁(4強P)>鳳翼扇>低空飛燕蹴>気功掌()

近立強Pが当たらなくても、発勁なら当たるケースも。

J強K始動コンボ

最大っぽいもの。以下は中央立ちリュウで確認。
垂直J強Pの場合は+80。

屈強P1段>中百裂>近強K>強スピバ(408)

屈強P1段>EXスピバ>UC2(486)
EXスピニングバードキックからは、中央なら気功掌がつながります。
なお、しゃがみ状態だとUC2は繋がりませんでした。

屈強P1段>中百裂>近強P>236KK>低空2弱K>UC2(542)

近強P>強スピバ>千裂脚(632)

近強K(カウンター)>4強P>鳳翼扇>低空2弱K>気功掌(547)

しゃがみリュウに確認。グラ潰しコンボ。
4強Pはひょっとしたら近強Pになっているかも。
近強Kはガード-3Fなので、入れ込み百裂からのコンボにいった方が
良いかもしれないですが、一応こんなのもあるということで。

画面端限定

EXスピニングバードキック>UC1orUC2他()

中央へ吹っ飛ばなかった場合、鳳扇華や気功掌で追い打ちできます。
キャラによっては、画面端だけでなく中央でも追撃が入ります。

屈強P>中百裂>近中P>中P>鳳扇華(ダメージ431:スタン375)

ノーゲージでターゲットコンボからUC1までつながります。
立ちしゃがみともリュウで入る事を確認。
中央の場合はロックせずカス当たりに。
中央でも入るキャラもいるかもしれない。

画面端グラ潰し:近強P(カウンター)>弱気功拳後~

端のしゃがみヴァイパーで確認。
気功拳が持続当てになり、屈強Pがつながる。

屈強P>強スピバ(378)

屈強P>中百裂>屈中K>中鷹翼脚(386)

屈強P>EX気功拳>UC2(483)

屈強P>中百裂>屈中K>EX気功拳>UC2(488)