「M.オメガエディション」カテゴリーアーカイブ

家庭用で追加されたomega(オメガ)エディションについて

オメガディカープリ


タメキャラからコマンドキャラへ変更。
一部必殺技が特殊技になったり追加技があったりと、
ウル4バージョンとかなり違います。

特殊技

通常技の遠近の区別が無くなり、
近強P等もレバー入れ技に変更になったりしている。

フォックステイル 3中K

特に変化無し。

スティールセイバー 3強K

弱スクランブルからのレイザーエッジスライサーが特殊技に変更。
いわゆるスライディング。

4中P

レバー入れで出る、キャミィの近中Pのような技。
目押しで各種弱中攻撃、立強P・屈強P・屈強K
などがつながる。またターゲットコンボに移行可能。

ターゲットコンボ 4中P>強K

ウル4と同じく、相手を空中に打ち上げて追撃も可能。
ジャンプキャンセルもかかる。
その後にウルコンは入らない。

4強P

4強Pでウル4の近強Pが出せる。
その後は弱中攻撃がつながる。

4強K

バク転しながら蹴る2ヒット技。
相手を浮かせる事ができ、スパコンやEXブラックウィドウで追撃可能。
また、浮かせ後の追撃としても使える。

ヒドゥンダイブ (前ジャンプ中)2中P

ウル4での、中強スクランブルからの中Pブレイクに似ている。
急降下し、攻撃判定は無い。

ブレイクダイブ (前ジャンプ中)2強P

ウル4での、中強スクランブルからの強Pブレイクに似ている。
相手を空中に打ち上げ、様々な追撃が可能。

シャドウニードル (前ジャンプ中)2中K

ウル4での、中・強スクランブルからのK派生(キャノンストライク)。
雷撃のように、ワンコマンドで出せるようになった。
リュウくらいの身長なら、高めでヒットさせても屈弱Pがつながる。

サイコトランザクション 弱中強P同時押し

体力ゲージを減少させ、スパコンゲージとリベンジゲージを増加させる。
ボタンを押しっぱなしで、いくらでも継続できるが、
当然体力が少ないときにやると自らKO負けとなる。

必殺技

2ゲージ技は無し。

インビジブルレイ 236P

飛び道具。弾道が見えないだけで、いきなり出現するわけではない。
普通に波動拳などで相殺される。

ウル4キャラを使ってしらべたところ、
弱 ヒット-4 ガード-8
中 ヒット-5 ガード-9
強 ヒット-6 ガード-10

画面端や、中央でも相手によっては、ヒットしても反撃をもらうことも。
セビキャンコンボも可能だが、スティングの方でいいかもしれない。
一応持続当てでコンボを伸ばせるキャラもいる。

サイコスティング  214P

214Pのコマンド技に変更。
弱中強EXとも、無敵は一切なくなり、コンボのための技に。
画面端なら弱スティング後、弱スティングやEXブラックウィドウで追撃可能。
もちろんセビキャンを絡めれば、色々可能。

EX版はジャンプキャンセル可能。
その後は空中投げで追撃できる。
また前ジャンプ2中Kで着地すれば、
対空DCM(UC2)・ノーマルやEXのサイコスティング・ノーマルやEXブラックウィドウ等で追撃可能。
ただ中央だと、ノーマルのブラックウィドウはカスあたりになってしまう。
画面端ならば、シャドウニードル着地>4強K>4強K>EXブラックウィドウまで入る。
通常技キャンセルでは、4中Pと屈強Pからでないとつながらない。

ヒドゥンクリープ 236K
ブラックウィドウ 623K

リュウの中昇龍と同時に打ち合って調べたところ、
中強EXには無敵がある様子。
弱は無敵が無いか、あっても部分無敵かきわめて短いと思われる。
ノーマル版は横方向の判定は小さめ。
EXの発生は4F以下。
サイコスティングの無敵がなくなったため、対空はこちらで。

EXのみセビキャンがかかるが、その後にウルコンは入らない。

コンボ

ブラックウィドウ締めの方が近めに落ちる。
スティング締めは遠くへ吹き飛ばす。
インビジブルレイはヒットしても隙が大きい。
1ゲージならEXサイコスティングをできれば組み込みたいが、
4中Pと屈強Pからでないと連続ヒットしない。

オメガのリュウについて


オメガエディションのリュウについて簡単に

通常技

とくにモーションなどの変更は無し
威力が若干違っていたり

特殊技・通常投げ

6中Pの鎖骨割り、6強Pの鳩尾砕きはおそらく
性能はそのまま
通常投げはダメージアップしていますが、オメガは受身を取られます。

踵落とし

4強Kで出る技。追撃で使えます。

ターゲットコンボ1

遠距離で強P>強K。連続ヒットしアーマーブレイク技。

ターゲットコンボ2

遠距離で中P>強P>強Kとタイミング良く押す。連続ヒットしアーマーブレイク技。
通常技から遠中Pに繋いで、ターゲットコンボまで決める事も出来ます。

必殺技

昇龍拳

威力に変更あり。セビキャンでコンボを決めるなら弱昇龍が威力が高い。

葉流し

6強P+強Kで出る、いわゆるブロッキング。
タイミングはシビアで、アーマーブレイク技を受け止める事はできません。
受け止めた技によっては、昇龍拳などを確定させることもできます。
葉流しはゲージを使って追撃を決める事ができ、

葉流し徹心 ★ (葉流し中に) スーパーコンボゲージを2ブロック消費
葉流し一心 ★ (葉流し成立中に)スーパーコンボゲージを2ブロック消費

となっています。

コンボ動画

Omega Ryu Combo Video [60fps]

オメガエディションのガイル


オメガ(OMEGA,Ω)エディションでかなり変化した印象のあるガイル。
大きな違いは、コマンド技が追加された事でしょう。

通常技・特殊技

地上投げ・空中投げのモーションや種類は変化なし。
他のキャラと同じくダメージは増えています。
ウル4のVer.1.04にある特殊技は全て使えます。
その他に追加されたものとして

シェイズオブグローリー

レバー下+強P・強K同時押しで出るこの技?
メガネをかけたり外したりできます。
それだけかい!と言いたくなりますが、他に特殊効果があるのでしょうか。

同時押しスペシャル

しゃがみ弱K>弱Kと立強Pの同時押し。
スト2世代には説明不要の特殊入力。
わからない人は同時押しキャンセルでググってね。
屈弱K>立強Pが連続ヒットします。

必殺技

サマーソルトキック

通常版は2ヒット技に変化。
二段目のみヒットさせた場合(弱と強)、
スピニングバックナックルやUC1・2等で追い打ち可能。

ソニックブーム

EX版はPPでさらに2回まで追加攻撃可能。
計3発EXソニック(ソニックブレイク)が当たった場合
ウルコンで追撃できる。

ブリッツコンビネーション

236Kで出るコマンド系突進技。タメがなくてもいつでもコンボにいけるようになった。
弱は威力は低いが、画面端なら
スピニングバックナックル、EXサマー、スパコンで追撃可能。
1段目セビキャンで中Pや強Pがつながる。

ストライクイーグル

214Kで出るアーマーブレイク技。
少し飛び上がった後、ローリングソバットのようなモーションで攻撃。
EXは飛び道具無敵がある模様。
立強P>EXストライクイーグルは連続ヒット。

オメガガイルのコンボ動画

Omega Mode Guile Combos

Omega Guile Combo Video [60fps]

オメガチュンリーについて


何故か唐突にOMEGAチュンリーについて。
オメガ春麗の自己調べの簡単なまとめです。
ウル4でのチュンリーは大P百裂~持続で挫折して
ろくろく使った事がないので、色々違っていたらごめんなさい。
キャラクター選択時のエディションセレクトでOMEGAを選べば使えます。

全体的な傾向

技の追加や一部削除、技のダメージや効果が見直されています。
一番の大きな違いは百裂脚。持続百裂がなくなっています。
また覇山蹴が上段技になっています。後方回転脚(春サマー)は削除。
全般的にコンボダメージはアップしました。
ただ現在の所、大P百裂のループ等の
ゲージを大幅に回収できるコンボは未発見。

Ver.1.05で近立中Pの調整があり、ウル4のバージョンと異なる性能になりました。

通常技・特殊技等

近立強K

ヒット時に垂直ジャンプや前ジャンプでキャンセルできるように。
バックジャンプは不可。
また、空中の相手にヒットで浮かせ効果がついていて、様々な技で追撃可能です。

ターゲットコンボ2:近立中P>中P

Ver.1.05からの新技。
近距離立中Pの性能が変更になり、1ヒット技に。
もう一回中Pを入力することで、連続ヒットとなり、
地上の相手は空中に浮き、追撃可能なやられ状態に。
1段目・2段目ともに必殺技等でキャンセルも可。
2段目はキャンセルで鷹翼脚・EX覇山・EX百裂・千裂脚等が連続ヒット。
画面端なら鷹爪脚も。
ウルコンも入るが、キャラ限の可能性あり。
ポイズンには中央でも気功掌がヒットする。
1段目が空中の相手にヒットした場合、浮かせ効果があり、
EX百裂などで追い打ち可能。

屈強P

ダメージ配分が70+40の計110に。
2段目はEX技やセビ、スパコンのみでキャンセル可能。

前ジャンプ強P

空中追撃効果や浮かせ効果はのこっているものの、
相手の落下速度が速くなっています。
一応下りで当てれば、着地でEX百裂等で追い打ちできたりします。

鶴旋蹴

6中K。ヒットで弱攻撃がつながるように。

龍星落

空中投げ。ウル4ディカープリのように、
空中追撃で使用できるようになっています。

発勁

オメガの追加技。遠距離で4強P。近距離で出そうとしても、
自動的に近立強Pになります。
相手の飛び道具を打ち消す効果があります。
EX技やセビ、スパコンのみでキャンセル可能。

飛燕蹴

オメガの追加技。前ジャンプ中に2弱K。ダメージ40。
攻撃判定は小さい。しゃがみめくりも可能。
ガードされた場合はほぼ反撃確定。
空中ヒットで浮かせ効果。

必殺技・スパコン・ウルコン

フレームはウル4キャラを使用して調べたものです。

気功拳

※は近強Kや屈弱P等がつながります。

  ヒット   ガード   威力  スタン
 弱    ※    -1   50
 中    -1    -6   60
  強    -10    -13   70

 

覇山蹴

上段技に。
弱中はヒットで弱攻撃やEX百裂が、強は中足までつながります。
ガードされた場合、弱-4・中-4・強-3。
EX版は立強K等のキャンセルで連続ヒットするようになっています。

スピニングバードキック

全て吹き飛びやられに。
通常版は、千裂脚で追い打ち可能。
モーション的には、最終段をキャンセルしているように見えますが、詳細は不明。
EX版は吹き飛びが小さくなり、中央で当たっても追い打ち可能です。

百裂脚

持続百裂はどうやら削除された様子。
ヒット・ガード時の状況はおそらく、
オメガの弱がウル4の強、中がウル4の弱、強がウル4の中に
なっているようです。
また、EX百裂の最終段は蹴りで高く打ち上げ、追い打ちできなくなりました。
一応セビキャンも可能なので、不可能ではないですが。

千裂脚

春麗の代名詞のスパコン。威力は400に。
ウル4ポイズンで調べた結果、発生4Fの模様。

鷹翼脚

オメガでの追加技。コマンドは236K。
弱中強の順に発生は遅くなるものの、威力が高くなっています。
弱は弱以上の攻撃、中は中以上の攻撃、強は強以上の攻撃から
キャンセルで連続ヒット。
2段目をセビキャンで弱P・立中P・近立強K等がヒット。
3段目をセビキャンで浮いた相手に、金的~天昇脚・空中投げ・UC等で追撃可能。

鳳翼扇

オメガでの追加技。鷹翼脚のEX版はこれになり、コマンドは236KK。
スーパーコンボゲージを2ブロック消費します。
最終段はジャンプキャンセルでき、様々な追撃が可能。

基本コンボ等

オメガのコンボは、ウル4でのコンボが一部流用できるようです。
リュウやヴァイパー等の限られたキャラでしか調べていませんが、
当然キャラ限コンボも存在します。

屈弱K>立弱P>遠弱P>遠強P(ダメージ186:スタン280)

オメガでは屈弱Pのダメージが25になり、立弱Pのダメージがアップしたため、
このルートの方が減ります。
立ちしゃがみともリュウに入る事を確認しましたが、おそらくキャラ限。

屈弱K>立弱P>遠弱P>弱鷹翼脚(ダメージ179:スタン245)

オメガから可能になったコンボ。
立ちしゃがみともリュウに入る事を確認。

屈弱K>屈弱P>屈中K>中鷹翼脚(ダメージ206:スタン285)

立ちしゃがみともリュウに入る事を確認。

屈弱K×3>EX百裂脚(ダメージ210:スタン259)

ウル4でもおなじみのコンボ。

近立強K(空中ヒット)>ジャンプキャンセル>龍星落

空中の相手にヒットさせ、浮いた相手に追撃。
ジャンプキャンセルせずにその場で各種追撃も可能。
近立強K(空中ヒット)>垂直J強P>UC2も入ります。

近立中P(空中ヒット)>EX百裂脚

近立中Pも空中の相手にヒットで浮かせ効果があります。
EX百裂はフルヒットしないことも。
近立中P>スピニングバードキック
といった曲芸コンボもできたり。

屈強P>中百裂>近中P>中P>強鷹翼脚(ダメージ314:スタン435)

Ver.1.05から可能になったコンボ。
中百裂から近中Pは目押し。そのままターゲットコンボまで決め、
キャンセルして強鷹翼脚を出します。
強鷹翼脚をEX覇山蹴にすれば、ダメージ368:スタン525

リュウに立ちしゃがみとも入ることを確認。

屈強P>中百裂>近中P>中百裂>遠強P(ダメージ334:スタン537)

立ちしゃがみともリュウに入る事を確認。

屈強P>中百裂>近立強P>強鷹翼脚(ダメージ328:スタン525)

立ちしゃがみともリュウに入る事を確認。
強鷹翼脚のセビキャンで、さらにダメージを伸ばすことも可能。

屈強P>中百裂>近強K>強スピニングバードキック()

リュウに確認。立ちでもしゃがみでもつながりますが、しゃがみ食らいだと若干ダメージダウン。
立強P>強スピンングバードキックはしゃがみだと入りません。

屈強P>中百裂>近中P>強百裂>EX百裂(ダメージ398:スタン540)

リュウに立ちしゃがみとも入ることを確認。
しゃがみの場合は、ダメージ384。

屈強P>中百裂>近立強P>強百裂>EX百裂(ダメージ422:スタン620)

立ちリュウに確認。しゃがみには入りません。

屈強P>中百裂>近中P>中P>気功掌(ダメージ438:スタン375)

近中PのターゲットコンボからノーゲージでUC2へ。
リュウには画面端でも入りませんが、
本田やポイズンなどには中央・画面端ともつながります。

鷹翼脚>2段目セビキャン>近立中P>中百裂~等

2段目セビキャン後、弱攻撃・近立中P・近立強Kなどが繋がります。

屈強P>中百裂>近立強P>強鷹翼脚>2段目セビキャン>近立強K>中百裂>遠立中P>中鷹翼脚(ダメージ423:スタン750)

リュウに立ちしゃがみとも入る事を確認。
1ゲージちょっと回収。

遠中P>中鷹翼脚(236中K)>最終段セビキャン>UC1

鳳扇華へのルート。ただし鳳扇華は中央ではカス当たりに。
鷹翼脚の最終段ヒット後は、相手は追撃可能な空中やられに。
追撃は他に、鷹爪脚、空中投げ、各種EX技、気功掌など。
追い打ちにゲージを使わない場合は、金的蹴>天空脚>天昇脚が一番減ります。

遠中P>鳳翼扇(236KK)>低空飛燕蹴(前ジャンプ中に2弱K)>着地UC2

鳳翼扇の最終段はジャンプキャンセルできます。
ジャンプキャンセル後最速で飛燕蹴を出し、
着地後に気功掌を出せば繋がります。
気功掌へのルートはこちらの方がいいかも。
鳳翼扇からの追いうちは他に、
低空飛燕蹴>EX覇山、鷹爪脚×3、斜めジャンプ強P・強Pなど。

屈強P>中百裂>近強P>鳳翼扇>低空飛燕蹴>気功掌(539)

立ちしゃがみともリュウに入る事を確認。
他の追い打ちとしては、
低空飛燕蹴>EX覇山締めでダメージ471
鷹爪脚×3で、ダメージ427:スタン649

強覇山蹴>発勁(4強P)>鳳翼扇>低空飛燕蹴>気功掌()

近立強Pが当たらなくても、発勁なら当たるケースも。

J強K始動コンボ

最大っぽいもの。以下は中央立ちリュウで確認。
垂直J強Pの場合は+80。

屈強P1段>中百裂>近強K>強スピバ(408)

屈強P1段>EXスピバ>UC2(486)
EXスピニングバードキックからは、中央なら気功掌がつながります。
なお、しゃがみ状態だとUC2は繋がりませんでした。

屈強P1段>中百裂>近強P>236KK>低空2弱K>UC2(542)

近強P>強スピバ>千裂脚(632)

近強K(カウンター)>4強P>鳳翼扇>低空2弱K>気功掌(547)

しゃがみリュウに確認。グラ潰しコンボ。
4強Pはひょっとしたら近強Pになっているかも。
近強Kはガード-3Fなので、入れ込み百裂からのコンボにいった方が
良いかもしれないですが、一応こんなのもあるということで。

画面端限定

EXスピニングバードキック>UC1orUC2他()

中央へ吹っ飛ばなかった場合、鳳扇華や気功掌で追い打ちできます。
キャラによっては、画面端だけでなく中央でも追撃が入ります。

屈強P>中百裂>近中P>中P>鳳扇華(ダメージ431:スタン375)

ノーゲージでターゲットコンボからUC1までつながります。
立ちしゃがみともリュウで入る事を確認。
中央の場合はロックせずカス当たりに。
中央でも入るキャラもいるかもしれない。

画面端グラ潰し:近強P(カウンター)>弱気功拳後~

端のしゃがみヴァイパーで確認。
気功拳が持続当てになり、屈強Pがつながる。

屈強P>強スピバ(378)

屈強P>中百裂>屈中K>中鷹翼脚(386)

屈強P>EX気功拳>UC2(483)

屈強P>中百裂>屈中K>EX気功拳>UC2(488)

オメガエディションのポイズン


OMEGAエディションのポイズンについて

通常技

ウル4との一番の違いはジャンプ攻撃。
J弱KとJ中Kのモーションが入れ替わっています。
J中Kでめくり攻撃可能。
J強Kは2ヒット技に変化。空中での追い打ちの他に、
空対空で迎撃後、着地にEXゴッデスやスパコンで追撃できるケースも。
ほかの通常技は、フレーム関係はわかりませんが見た目変化なし。
ただ、屈弱Pから、屈中Kや屈中Pが繋がるようになっています。
また屈強Pが強制立たせになったため、しゃがみ状態の相手への
エオルス持続当てコンボはできなくなりました。

投げ技・特殊技

投げのダメージアップ。
Ver.1.05で変化があったのか?中段の6中Pからは
スパコン以外は繋がらなくなっているようです。

必殺技

エオルスエッジ

通常の威力は60に。Pボタン押しっぱなしでためられるようになる。
ためた後は2ヒット技に変化。威力も60→80に。
EX版は多少弾速が遅くなった。発生は不明。
ヒット時の有利も多少すくなくなったかもしれない。
EX版を弱P+強P同時押しで出した場合は、距離が短いバージョンのものが出る。

ウィップオブラブ

通常版の威力や入力方法は変化なし。
突進スピードが速くなっています。
EX版はモーションが変化し、打ち上げずに吹き飛ばす技になっています。威力は200。
EXウィップ>セビキャン時は相手は崩れ状態になっているので、
UC2含む様々な追撃が可能。

ラブミーテンダー

通常版、EX版ともに投げへ自動派生。
通常版はウル4のようにコンボへ移行することはできません。
リュウでしか確認できていないですが、めくりテンダーも健在の模様。

アセンション

コマンドは421K。
ウル4のEXウィップ4段目のように、相手を空中に打ち上げます。
ジャンプキャンセルでき、様々な追撃を決める事ができる。
ジャンプ攻撃だけでなく、ノーマルのラブミーテンダー等でも追い打ち可能。
EX版は通常版より硬直が少なく、歩いて立強p>強エオルスを決められるなど、
ウル4のEXウィップ4段目の状況と似ています。
EXの方がリーチや発生が通常版より速いのも同じ。
屈弱K>屈弱P>立中K後は、通常版はつながりませんが、
EXなら繋がります。

ハニートラップ

コマンドは236K。
飛び道具系の必殺技。通常版は威力5、スタン値280。
地上の相手には当たらず、弱・中・強で飛距離が異なる。
EX版は2ゲージ消費。威力1だがスタン値1500オーバーで地上の相手にもヒット。

ポイズンキッス

いわゆるUC2ですが、Ver.1.04のポイズンと比べると
投げ間合いは狭いです。以前のバージョンの性能か?

基本コンボ

ウル4で可能なコンボは基本的にできると思われます。
オメガで可能になったものとして、

近立弱Por屈弱P>屈中Kor屈中P
屈強P>EXテンダー
立強K>強アセンション

などがあります。

攻め継続やダメージを重視したい場合、
アセンションを使うのがメインになりそう。
アセンション>J弱K>ダッシュ裏回りもリュウで確認。
ウィップは受身をとられるものの、相手を大きく吹っ飛ばします。

オメガポイズンコンボ動画

USF4 Omega Combo Video – Ken,Poison

Omega Poison Combo Video

オメガエディションについて


2014年4月22日にオメガエディションの大幅なアップデートがあった模様。
カプコンUSAの情報によれば、元やいぶきの永久も削除された様子です。
以下のカプコンUSAのページも参照ください。

USFIV Ver. 1.05 Patch Coming Tomorrow

オメガエディションVer.1.05の技表はこちら→OMEGA EDITION ver1.05コマンドリスト

旧オメガエディションの技表はこちら→オメガエディションコマンドリスト

※現在までに確認したVer.1.05での修正箇所
元の永久の削除
いぶきの空投げフリーズバク修正
ルーファスのファルコーン空キャンでのフリーズ修正
殺意の竜爪が空中ヒットで強制ダウンだった現象の修正

2014年12月15日にバージョンアップで追加されたウル4のオメガエディション。
現在までに判明している、大まかな特徴を挙げてみます。

・全キャラの通常技・必殺技の見直し
・エディションセレクトで使用可能。キャラクター選択時の一番下の欄で、カーソルを横に動かせば選べます。
オフラインでは、バーサスモード等で遊べます。オンラインはランクマッチのみ使用不可となっています。
・簡易コマンドの廃止。ウルコンやスパコン等の一部技のみ、通常のウル4の簡易コマンドが残っています。
・通常技などの先行入力が可能。技のつなぎが格段に楽になりました。
・強制ダウンはウルコンやスパコンを決めた後のみ。その他はおそらく全技受身可能と思われます。
・相手ガード時は、昇竜セビキャン不可。ヒット時のみ。
・通常投げのダメージは全体的にアップ。
・赤セビの廃止。セビ1ヒットでダウン。セビ2,3は変化なし。

ポイズンはこちら→オメガエディションのポイズン
春麗はこちら→オメガチュンリーについて
ガイルはこちら→オメガエディションのガイル
リュウはこちら→オメガのリュウについて

オメガ全キャラのコンボ動画は以下を
キャラクターのアイコンがそのキャラのコンボ動画のリンクになっています