「04.前投げから」カテゴリーアーカイブ

前投げ・6投げ(スラップショット)からのポイズンセットプレイ

スラップショット(前投げ・6投げ)からのセットプレイ


レバーニュートラルまたは前入れで出るスラップショット。
威力150、スタン150、ゲージ増加55。
以下は特に記載が無い場合は、通常起き上がりに対してのもの。

起き上がりに打撃が重なるフレーム

起き上がり時間が標準のキャラの場合、81F後に打撃が重なる。
標準の起き上がり時間のキャラを基準にした場合

+1F ディカープリ・ダルシム・サガット・キャミィ
+2F ブランカ

詐欺飛び

38F消費で4F詐欺、39F消費で5F詐欺。

通常起き上がり用

4F詐欺:遠弱P>屈中P>前ジャンプ強K

ディレイをとられた場合、表落ちになるか裏落ちになるかは相手キャラによる。

4F詐欺:前ダッシュ>後歩き>前ジャンプ弱K

めくり4Fの詐欺飛び。めくりになる距離まで歩くのが体感なので少し難しい。

5F詐欺:バックダッシュ>前ダッシュ>前ジャンプ強K

5Fの詐欺飛びレシピ。サガットなどの起き上がりの遅いキャラにも対応可能。
ブランカにはJ攻撃が重ならない。

ディレイ用

ディレイ6F詐欺:前ダッシュ×3>垂直ジャンプ強K

ディレイ用の6F詐欺。
ダッシュは先行入力がきくので決めやすい。
ディカープリ・サガット・キャミィは起き上がりが1F遅いので、5Fの無敵技はガードできる。
ブランカは2F遅いので、4FのEXバーチカルローリングはガードできる。

ディレイ5F詐欺:ノーマルテンダー>垂直ジャンプ強K

ノーマルテンダーの全体フレームは50。
ブランカ以外には、ジャンプ攻撃が重なる。
ジャンプ攻撃にいくときは、強テンダーがよさげ。
弱テンダー時にめくりにいけるキャラはいるかどうか不明。

4F詐欺:遠立中P>遠立中K>ジャンプ強K

ディレイ用の4F詐欺。
最速でやらなければならないので難しい。
ディカープリ・ダルシム・サガット・キャミィ・ブランカにはジャンプ攻撃がかさならない。

エオルス重ね

前投げ後、その場から16F消費で通常の起き上がりのキャラに重なる。
17F消費でサガット・キャミィなどに。
18F消費でブランカに重なる。
ディレイ時はそれぞれ、27F、28F、29F。

屈弱P>強エオルス(>前ジャンプ攻撃)

最速でやった場合、ジャンプ強Kを出すタイミングによっては
ユンのEX二翔脚に勝てる。

屈弱P後に少し待ってから強エオルスを出すと、
一部のリバサ昇龍を潰すことができる。

例えばリュウの場合、屈弱P後に、13F以上まってから強エオルスをだせば、
リバサ弱・中・強の昇龍拳をつぶせる。
屈弱P>強エオルス>前ジャンプ強Kまで入れ込んでも問題ない。
さらにバクステで逃げようとすると、J強Kがヒット。
J強Kまで連続ガードにもできる。
ただし無敵の長いEX昇龍だと強エオルスでつぶせないので、
ジャンプしていると相手の攻撃をくらってしまう。
また、春麗などのように、バクステが高性能のキャラには、
J攻撃をかわされてしまう。

ケンの場合、リュウと同じタイミングでやると中昇龍で迎撃される。
リュウより少し遅らせることで、中昇龍もつぶせる。

前歩き>強エオルス

良いタイミングでだすと、ディレイスタンディングに対しても
強エオルスを重ねる事ができる。
通常起き上がりからのバクステと、ディレイからのバクステの
双方にヒットさせる事が可能。
キャラによって違う可能性もあり、安定できるかどうか検証が必要。

ディレイ用:弱テンダー>強エオルス

ディレイ時に相手に攻撃がかさなるのは、一部例外を除いて92F目。
テンダー+強エオルスの全体フレームは93F。
リバサ千裂等以外はくらわないと思われる。
このセットプレイの場合、ディレイ後に相手がバクステした場合
強エオルスがヒットする。
バクステが優秀なキャラに対してはダメかもしれないので、
調査が必要。

立中K>強エオルス>前ステ

その後前ステしても、ケンのリバサ強昇龍をガードできる。
フレームぎりぎりかもしれないので、
立弱Pなどにかえてもいいかも。

相手が強エオルスをガードした場合、
前ステ後に屈弱Kや屈中Kを出せば、連続ガードになる。
遅らせて屈弱Kを出せば、リバサ昇龍はガードでき、
ガードしていれば、連続ガードになる。10F程度遅らせても連続ガード。
中段ですら連続ガードになってしまうので、
ヒットさせようとするときは注意。

ディレイスタンディングをとられた場合、強エオルスは重ならない。
立中K中にディレイの確認はできないので、
別のレシピかディレイ読み用のものが必要か。
もしくは体感の前歩きで。

ディレイ用:遠強K>強エオルス>前ステ

もしくは屈強PなどでもOK。
エオルスを相手がガードした場合、前ステ後は、ポイズンが+26F程度の状態。
前ステ後に、リバーサルの昇龍はガード可能。
こちらもややおくらせて弱K等を重ねるやり方も。

中段持続当て

前ダッシュ>バックダッシュ>前ダッシュ>6中P

ブランカ以外には、屈強Pがつながります。
ダッシュの順番を変えると対応キャラが少なくなる。

詐欺飛びからのめくりテンダー

ダッドリーまで調査

バックダッシュ>前ダッシュ>空ジャンプ>着地後屈弱K>EXテンダー

サガットに対するしゃがみめくり。

バックダッシュ>前ダッシュ>J強K>屈弱K>EXテンダー
バックダッシュ>前ダッシュ>J強K>近立中K>EXテンダー

5F詐欺から。近立中Kまでガードされた場合。
しゃがみめくり

※対応キャラ
ダッドリーとディージェイは、4Fの無敵技を持つのでいまいち。

本田・ジュリ・セスは着地際J強P>近立中K>EXテンダーとやるとしゃがみめくりだがシビア。

バックダッシュ>前ダッシュ>J強K>近立強P>EXテンダー

近立強Pまでガードされた場合。
本田以外は近立強P>EXテンダーはコンボになる。

しゃがみめくり
いぶきのみ(前ダッシュ>バックダッシュでも可)

前ダッシュ>バックダッシュ>J強K>屈中P>EXテンダー

いぶき・ダッドリー

バックダッシュ>前ダッシュでも可
いぶき・ダッドリー

前ダッシュ>バックダッシュ>J強K>屈弱K>EXテンダー

ダッドリー

バックダッシュ>前ダッシュでも可
ダッドリー

起き攻めでのめくりテンダー

前ダッシュ>バックダッシュ>前ダッシュ>中テンダー

リュウに確認。弱昇竜を潰し、中・強・EXはすかす。
バクステでかわされるので、いまいち。

5~6F遅らせれば、弱昇龍にはつぶされるものの、
中・強・EXはすかして、バクステにもヒット。

セスには強テンダーにすれば、同様の事ができる。
この場合は、弱~EXの昇龍はすべてすかすが、
しゃがみガードだと、テンダーがヒットしない。

前ダッシュ>バックダッシュ>前ダッシュ>EXテンダー

ダッシュ後は最速ではなく、1~2F待つ。
レバー後ろ方向とボタンは完全同時ではなく、2F程度ボタンをおくらせる。
完全同時入力は難しいので、意識せずとも自然とこの入力になっている事も多いはず。

リュウ・ケン・殺意は立ちしゃがみともにめくり。

他キャラや他の方法はまだ検証中。

前ダッシュ>フレーム消費>EXテンダー

前ステ後は、ザンギエフなどには、起き上がった後にしゃがみめくりの距離になる。
起き上がりまでに、垂直ジャンプなどでフレーム消費。

前ジャンプ>屈弱P空振り>EXテンダー

バイソンに対して、立ちでもしゃがみでもめくりになる。
早めに出すとバクステにヒットしないが、やや遅めに出せば
バクステも狩る事ができる。ジャンプにもヒット。

注意点として、最速でEXテンダーを入力すると、空振りする。
屈弱Pの全体フレームが終わってから。
また、その場からのEXテンダーではめくりにならない。
214と入力し、4の後ろ方向で2~4F歩いてからボタンを押す必要がある。
ただ実際のところ、レバーとボタンのタイミングが完全に同時
という入力は難しいので、自然と後ろ歩きキャンセルの入力になっていると思われる。

バイソン側は、EX含むヘッドで逃げられる。
UC1等を仕込んでヘッドを狩る事もできるが、
EXテンダーを出すタイミングが遅いと、めくりにはなっても
仕込みが間に合わなくなる。
早めであれば、(EX)テンダーなどの仕込みも間に合う。

他のしゃがみめくり対応キャラは以下
タイミングがシビアなキャラもいるので、結局このセットプレイは、
バイソン・ダッドリー・ブランカ・ザンギエフ・ルーファス以外は使いにくいかもしれない。

リュウ
バイソンよりやや遅めに出せば、
しゃがみめくりになるフレームはあるがシビア。
中・強・EX昇龍をすかす。弱昇龍でかえされる。
バクステ・ジャンプにはヒット。

ケン
バイソンよりやや遅めに出せば、
しゃがみめくりになるフレームはあるがシビア。
EXテンダーのタイミングはリュウと同じ。強・EX昇龍をすかす。
中昇龍は相打ちとなり、弱昇龍でかえされる。バクステ・ジャンプにはヒット。

ダッドリー
タイミングはバイソンと同じ。UC1,2、EXジェットアッパーはすかす。
弱ダッキングでかわされ、その場合、ダッドリー側の屈弱Pがぎりぎり確定するくらい。
バクステ・ジャンプにはヒット。

セス
2146から6をやや長めに入れてKKを押すことで、
しゃがみめくりのEXテンダーとなる。
ただ昇龍でかえされる。

ロレント
屈弱Pの全体フレームが終わった後すぐに入力し、EXテンダーを出せば、
しゃがみめくりになるフレームはある。
だがシビアなので、狙ってやるのは難しいかも。

ポイズン
しゃがみめくりになるフレームはあるが、きわめてシビア。

ブランカ
バイソン・ダッドリーとほぼ同じようなタイミングで決まりやすい。
EXテンダーを出すタイミングが早すぎると、バクステにヒットしない。
ジャンプにヒット。EXバーチカルで潰される。

ザンギエフ
4方向とボタンを押すタイミングが2F以内でなければならない。
バイソンなどとやり方が少し違う。後ろに長く入れすぎるとめくりにならない。
これもEXテンダーをやや遅らせないと、バクステにすかる。
垂直ジャンプ・バックジャンプにはヒットするが、前ジャンプでかわされる。
EXバニシングは、お互いにすかる。
ダブルラリアットで潰される。

ルーファス
バイソンよりも、やや遅めにEXテンダー。
ジャンプとバクステにもヒット。
EX救世主やUC2で潰される。UC1はすかす。

フェイロン
屈弱Pの硬直が終わってから10F以降に
4方向に5~7F入れてからEXテンダーを出すと、
立ちとしゃがみに対するめくりになる。
ただ、別の方法、別のルートの方が良いかもしれない。

ホーク
一応しゃがみめくりになるが、
4方向とボタンの入力が1F以内でなければならないので、シビア。

ヒューゴ
しゃがみめくりになるが、若干安定しづらい。
ジャンプとバクステにヒット。
EXシュートダウンで返される。

屈中K>強エオルス>中テンダー

通常起き上がりに対して。
ユンのリバサEX二翔脚をつぶす。
バクステにもヒット。

屈強K>中エオルス>中テンダー
前ダッシュ>微下がり>中テンダー

距離の調整とタイミングが難しいが、
リュウの昇竜をすかし、バックダッシュやジャンプにもヒットする。
サガットやセスの昇竜は相打ちでEXはすかす。
キャラによって状況が異なり、上記のようになる状態だと、
しゃがんでいる春麗にはすかったりする。
距離やタイミングによっては、昇竜で落とされたり、
バックダッシュでかわされたりもするかわりに、持続の最終段が当たったりする。
自分は今のところ安定してできないが、できれば強いはずである。

遠強P>ジャンプ

リュウで調査
そのままジャンプだとジャンプ攻撃は重ならない。
4F待つか歩きで4F詐欺になる。
空ジャンプ後の着地は表落ちになるが、
5F以上前歩きなら裏落ち。

後述のディレイ時の表落ち裏落ちと組み合わせる事ができそう。
遠強Pの時点で確認ができればより確実だが。

通常起きの場合、31F消費以内なら裏落ち、
32F以上消費で表落ち。

空ジャンプの場合、39F消費までなら着地後3F昇龍をガードできる。
40F消費なら4F無敵技をガード可能。

ジュリ

少し待ってから(4F程度)、前歩き(5~8F程度)後にジャンプ強や弱攻撃。
EX穿風車やEX化殺視はすかせる。

ディレイ用

遠強P>ジャンプ

リュウで調査。
遠強P空振り後、即座にジャンプまたは4Fまで待ってから
空ジャンプで(計38F消費)ディレイ時裏落ち
5F以上待ってから(39F以上消費)だとディレイ時表落ちになる。
遠強P後16Fまでなら、相手のディレイ後リバサ昇龍を
空ジャンプ後ガード可能。

即ジャンプ後は、10F待ってからなら屈弱Kが重なる。