「02.EXウィップ後セットプレイ」カテゴリーアーカイブ

EXウィップからの攻め、セットプレイ

EXウィップからのセットプレイ


EXウィップ4段目を地上の相手に当てると、空中に高く蹴り上げ、
その後様々な追撃を決めることができます。
ジャンプ攻撃やしゃがみ強キック以外の地上通常技を当てると、
相手は受身をとれない状態でゆっくりと降下し、地上で立ち状態になります。
以下の項目も参照下さい。

EXウィップオブラブからの追撃
EXウィップから、めくりテンダーやテンダー持続当て
めくりテンダー

【中央】

EXウィップ>追撃での運び能力

トレーニングモードのステージ、サガットでの調査。
()内の数値は、一番小さいマス目を0.1とした時の大体の目安。
追撃後の相手との距離や状況は様々。EXテンダーが意外と運ぶ。

立強P>強エオルス(ガード時)、強ウィップ3段(6.2)

EXテンダー(6.1)

EXゴッデス(5.3)

遠強P(5.1)

弱ゴッデス、歩き大足、着地際J強P(5.0)

EXエオルス(4.8)

のぼりJ強k(4.5)

前ジャンプキャンセル→ジャンプ攻撃

ジャンプ攻撃を相手に当てた後に、様々な連携へ。
弱攻撃を当てたときより強攻撃を当てたほうが相手との距離が離れる。
また昇り際で当てたときより、着地際で当てたほうが相手との距離が離れる。
当てた後に、もう一度ジャンプ攻撃を出して攻めるのもありか。
相手のリバサ無敵技をかわしたり、つぶしたりする。
その他、こちらから攻める必要が無い場合は、
垂直ジャンプキャンセル→ジャンプ攻撃。

ジャンプ強K

強エオルス
中段(6中P)
屈弱Kからのコンボ
投げ
テンダー
遅らせ投げ・遅らせ重ね
バックフリップ

ジャンプ攻撃を当てた後は、おそそこのようなパターンが多いと思われます。
他に様子見しつつガードやバックダッシュといった行動も。
着地後にジャンプ弱Kや、空ジャンプ(垂直・斜め)などもありかも。
ジャンプ強Kからのダッシュでの裏周りは、未だ発見できず。

昇り際ジャンプ弱or中攻撃(ヒット)~ダッシュ裏回り

ジャンプ弱・中攻撃を当てる高度によっては、
着地後にダッシュで相手の裏にまわることができます。
中攻撃からは特定のキャラに対して。
弱攻撃からは全てのキャラに対応。
その後は上記の連携など。

昇りジャンプ弱K~レバー前入れ(歩き)裏回り

画面中央でも、歩くだけで裏に回ることができます。
J弱Kを当てる位置、難易度はキャラごとに違う。
タイミングは数グループに分かれているようである。
ガイ・ブランカ・ザンギエフ・ヒューゴは今のところ歩き裏回りはできず。

頂点過ぎJ強K~着地後6中P

下記のキャラ以外は近立強Pがつながります。

サガット・ディージェイ・ザンギエフ・ルーファス
フォルテ・フェイロン・ホーク・ローズ

ルーファスは遠強Pになるが、屈強Pならつながる。
フォルテは他キャラと同じタイミングだと6中Pがすかるが、
タイミングを変えればいけるかも。

着地際J弱K~着地後6中P

中段が持続当てとなり、屈強Pがつながる。
おそらく持続の最終段がヒットしているっぽい。
EXの咲桜・サイコ・ゾンク・バニシング・スパイラルはガード可。

※以下のキャラは中段がすかります
ディカープリ、本田、まこと、セス、剛拳
ユン、春麗、アベル、ハカン、ロレント、ポイズン
ガイル、ブランカ、ルーファス、フォルテ、バイソン、アドン、ヤン

ジャンプ攻撃を当てたあとの有利不利

着地硬直など込みで、ざっと調べたもの。
ポイズン側に、J攻撃>着地後特定の技>ガードを記録させ、
リュウケンのリバサ昇竜拳が確定するか調べてみた。

のぼりJ強K>屈弱P 昇竜ガード
のぼりJ強K>屈弱K 昇竜ヒット

のぼりJ中K>屈弱P 昇竜ガード
のぼりJ中K>屈弱K 昇竜ヒット

のぼりJ弱K>近立中K 昇竜ガード
のぼりJ弱K>屈中P  昇竜ヒット

着地際J弱K>近立中K 昇竜ガード
着地際J弱K>屈中P  昇竜ガード

J弱Kの方が着地後の有利時間は長いが、
昇りJ弱K後の強エオルスはリュウの大足でカウンターくらい。
頂点と下りも調査必要。

前ジャンプ~着地後

ジャンプ攻撃を出さずに着地し、地上からゴッデスや通常技などを当てる。
ゴッデス後の状況は今一つ。

着地後通常技~キャンセル必殺技は、以前のバージョンではよく使われたが、
ジャンプ攻撃がヒットするようになってからは使用者は減ったと思われます。
ただ、キャラによっては、こういったパターンの攻めもありかも。
主に使われるのは、近立強P>強エオルスや屈強P>強テンダーなど。
無敵技でかえされる事もあるが、一部攻撃を潰す場合も。

屈強P>強エオルスでは反撃をうけますが、
近立強P>強エオルスならば、
ザンギエフのEXバニシングやローズのEXスパイラルもガードできます。
たださくらのEX咲桜(発生12F)はヒットしてしまします。

他には、着地後に近立弱K>6中Pの連携だと、
持続の最終段がヒットし、屈強P等もつながったりします
この場合、キャラにもよると思われるが、ガードされてもポイズン有利。
ベガのEXサイコやさくらのEX咲桜も詐欺れる。

屈強P>強テンダーは持続当てとなり、多くのキャラでポイズン有利。
以前したらば掲示板にも書いたが、

ヒットせず
ブランカ

不利
セス・エレナ

五分~微有利
リュウ・ケン・いぶき・ゴウケン・ゴウキ・
鬼・ジュリ・ダルシム・殺意・ザンギ・バルログ

有利
その他キャラ

といったところ。行動を記録し、ジャンプさせて目視で見当をつけたものなので、
違っている事もあるかもしれない。セス・エレナあたりは中テンダーに変えればどうか?

その場から→各種必殺技・ウルコン等

ウィップ、EXテンダー、UC1は中央からはキャラ限でつながる
詳細は→EXウィップオブラブからのコンボ

強ウィップは追撃で当てた時と、地上でのウィップを当てた時では、有利時間は異なります。
地上ヒット時には通常ポイズンが動けるようになってから、60F目に打撃が重なります。
こういったリュウ等の標準のキャラを基準にした場合、
例外的なキャラは以下のようになっています。

-10F ポイズン
+1F ディカープリ・キャミィ
+2F ブランカ
+5F ハカン・ホーク・ヒューゴ
+6F サガット

EXウィップの追撃で決めた場合は以下のようになっています。
歩きウィップでの調査。中央で入らないキャラは省いています。

地上ヒット時との有利時間の差

+0F ガイ

+1F サガット・ホーク

+2F ディカープリ・エレナ・ロレント・ローズ

+3F バルログ

+5F リュウ・ケン・いぶき・まこと・セス・豪鬼・鬼・ダン
   ジュリ・ヴァイパー・ベガ・ルーファス
   殺意・キャミィ・ブランカ

+6F ポイズン・さくら・アベル

+7F 剛拳・元・ユン・春麗・ヤン

+8F ダルシム・バイソン

EXウィップ>強ウィップ時に打撃が重なるフレーム

56F ポイズン

60F ガイ

62F エレナ・ロレント・ローズ

63F ディカープリ・バルログ

65F リュウ・ケン・いぶき・まこと・セス・豪鬼・鬼・ダン
   ジュリ・ヴァイパー・ベガ・ルーファス・殺意

66F ホーク・キャミィ・さくら・アベル

67F サガット・ブランカ・剛拳・元・ユン・春麗・ヤン

68F ダルシム・バイソン

EXウィップからの強ウィップは、本来各キャラごとに
当てるタイミングは異なります。
ただホークにヒットする歩きウィップの入力であれば、以下のキャラ以外には決まります。

中央でウィップ追撃が入らないキャラ
本田・ダッドリー
ディージェイ・コーディー・ハカン
ガイル・ザンギエフ・フォルテ・フェイロン・アドン・ヒューゴ

4F詐欺:強ウィップ3段>バックダッシュ>J強K

歩きウィップでの調査。
強ウィップを当てるタイミングで状況が違う可能性はあります。
バイソンはヒットしなくはないものの、3段目を当てるのが難しいため未調査。

対応キャラ
ケン(中昇龍)・いぶき・まこと・セス・ダン
ジュリ・ヴァイパー・ベガ・ルーファス
リュウ・豪鬼・鬼・殺意はジャンプ攻撃は重なります。
これらのキャラに対しては、地上ヒット時より+5Fの有利時間。

起き上がりが早く詐欺にならないキャラ
ディカープリ・エレナ・ガイ・ポイズン・バルログ・ローズ
ディカープリ・エレナ・ロレント・ローズは、地上でのウィップヒット時よりも+2F。
バルログは地上ヒット時より、+3F。ウルコンは詐欺れそう。
ガイは地上ヒットと空中ヒットで違いなし。そのまま前ステ>垂直Jで4F詐欺。
ポイズンは地上ヒット時より+6F。

起き上がりが遅く、バクステからJ強Kヒットせず
剛拳・元・さくら・ユン・春麗・ダルシム・アベル・サガット・キャミィ・ブランカ・ホーク・ヤン
サガット・ホーク+1F、キャミィ・ブランカ+5F、さくら・アベル+6F、ダルシム+8F、
剛拳・元・ユン・春麗・ヤン+7F

また、バクステ後、若干歩くことで、通常起きでのめくりやディレイ時の裏落ちを
狙えるケースもあると思われ素。
いぶき
バクステから5~8F前歩きジャンプで、強K表、弱Kで裏。
EX風切りはすかることがある。

4F詐欺:強ウィップ3段>屈中P>垂直J強K

バクステからのジャンプ攻撃がヒットせず、起き上がりがやや遅いグループ。

対応キャラ
剛拳・元・さくら・ユン・春麗・アベル・サガット・キャミィ・ブランカ・ホーク・ヤン

強ウィップ×3>強テンダー>EXテンダー

めくりテンダーレシピ。
ケンに確認。強ウィップでダウンさせたあと、強テンダーで飛び越し
起き上がりにEXテンダーを重ねる。バクステにもヒット。
おそらく、リュウ・殺意にも適用できそう。
一部リバサ昇竜をすかす。

硬直終了後ダッシュ>通常技キャンセル~

ジャンプキャンセル後の着地に技を当てたのと、似たような状況。
立中K>強エオルスは、ザンギエフのEXバニシングはガードできるが、
さくらのEX咲桜(12F)は反撃される。

他に屈強P>強テンダーの連携が持続当てとなり、
相手がガードした場合は有利をとれる。
キャラによっては有効かもしれない。
バイソンの場合、ノーマルヘッドを潰せ、EXヘッドかウルコンでないと反撃されない。

【画面端】

前or垂直ジャンプキャンセル→ジャンプ攻撃

着地間際でなければ、ジャンプ攻撃を当てたあと、
レバー前入れで裏にまわる。裏表の択。ジャンプ攻撃は何でもOK。
他はいつもの攻め。画面端に追い詰められるとキツいので、端を維持したいがこれは好みか。
着地テンダーで持続当てや昇竜すかしもできそうだが
現在調査中。
距離を取りたいときには、バックジャンプキャンセル→ジャンプ攻撃。

その場から→通常技や各種必殺技等

画面中央よりも、追撃がきめやすく、
中央では入らないものも決まります。
画面端の場合、ほぼ強ウィップで安定と思われます。

各種通常技(キャンセル~等)
強ウィップ×3(一応全キャラ対応。ただ、バイソンに3段目を当てるのは難しい。)
強ゴッデス
EXゴッデス
EXエオルス
EXテンダー
以下のキャラに確認。まだ入るキャラもいる可能性あり。
本田・サガット・バイソン・ダッドリー・セス・剛拳・アベル
ディージェイ・コーディー・ハカン・ブランカ・ザンギエフ・アドン・ヒューゴ
ルーファス・フェイロン・ホーク
強エオルス→EXゴッデス
UC1(全キャラ)
EXエオルス→UC1

EXウィップからの強ウィップ追撃

地上ヒット時に、ポイズンが動けるようになってから
打撃が重なるまでのフレームは

50F ポイズン
60F その他キャラ
61F ディカープリ・キャミィ
62F ブランカ
65F ハカン・ホーク・ヒューゴ
66F サガット

EXからの追撃時は起き上がり時間がことなります。
画面端であれば、中央ではウィップ追撃が入らない下記のキャラにもきまります。
本田・ダッドリー
ディージェイ・コーディー・ハカン
ガイル・ザンギエフ・フォルテ・フェイロン・アドン・ヒューゴ

強ウィップ追撃からの基礎データ

歩きウィップでの調査

地上ヒット時との有利時間の差

+0F ガイ

+1F サガット・ホーク・ハカン・フォルテ・ヒューゴ

+2F ディカープリ・エレナ・ロレント・ローズ・ガイル

+3F バルログ・コーディー

+5F リュウ・ケン・いぶき・まこと・セス・豪鬼・鬼・ダン
   ジュリ・ヴァイパー・ベガ・ルーファス
   殺意・ザンギエフ・キャミィ・ブランカ

+6F ポイズン・さくら・アベル・ダッドリー・ディージェイ

+7F 剛拳・元・ユン・春麗・ヤン・本田・フェイロン・アドン

+8F ダルシム・バイソン

EXウィップ>強ウィップ時に打撃が重なるフレーム

56F ポイズン

60F ガイ

61F フォルテ

62F エレナ・ロレント・ローズ・ガイル

63F ディカープリ・バルログ・コーディー

65F リュウ・ケン・いぶき・まこと・セス・豪鬼・鬼・ダン
   ジュリ・ヴァイパー・ベガ・ザンギエフ・ルーファス・殺意

66F ホーク・ハカン・ヒューゴ・キャミィ
   さくら・アベル・ダッドリー・ディージェイ

67F サガット・ブランカ
   剛拳・元・ユン・春麗・ヤン・本田・フェイロン・アドン

68F ダルシム・バイソン

EXウィップ>バクステ>強エオルスの連携に対しても、
フォルテのUC2と、ポイズンのEXゴッデスおよびラブストームは
確定してしまう。

ガイのEX武神、ガイルのサマーやスパコンは、
最速強ウィップだとガードできたりすかせたりするが、
歩きウィップで追撃した場合はヒットしてしまう。